CADでプリント基板を作る

CADでプリント基板を作る プリント基板を作る時、部品の配置図と電流が流れるルートになるアートワークの作成が必要です。アートワークはプリントパターンと呼ぶもので、銅箔の余分な部分を落とすなどの作業が必要になります。基板図は部品配置とアートワークの2つで構成が行われている図面で、現代においてはCADを利用した設計開発が主流です。CADを使うことで手軽にプリント基板の図面を書き起こすことが可能になり、図面を出力した後、写真の現像と同じような形でアートワークを作り出します。
エッチング処理は余計な銅箔を溶かす工程で、必要なプリントパターンだけの基板になります。エッチング処理を行った後に、リード部品などの挿入系部品の穴をドリルで開け、フラックスと呼ぶ液剤を塗布すれば生基板が完成します。次の工程は電子部品の実装になりますが、手作業で行う場合には部品の極性や向きなどに注意しながら半田付けを行う、以上の工程で手軽に電子部品が実装された状態のプリント基板を作ることが出来ます。

プリント基板の種類と製造依頼方法

プリント基板の種類と製造依頼方法 プリント基板とは、電子部品を実装するための板です。電子部品を取り付ける時には半田処理が必要で、プリントパターンと呼ぶ銅箔面に半田を付けて固定します。半田は電気を通す金属でもあり、プリントパターンに接続する事で電子回路を構成することが出来ます。尚、プリント基板には電子部品が実装される前の生基盤と実装が行われたものに分けることが出来ます。
プリント基板の依頼を行う時には、生基板を作るのか、生基板と実装の両者を依頼するのかで会社選びも変わります。生基板だけを作って貰う時には、アートワークを提供することで製造して貰うことが出来ますが、実装までの場合には基板図なども必要です。但し、製造をお願いする時には最初に試作品を作って貰う、通電検査を行って不具合が起きていないなどの回路評価も必要です。試作品の場合は小ロットでの製造になるので、小ロット対応が出来る会社を選ぶこともポイントになりますし、対応力が良い会社を選ぶことが大切です。

新着情報

◎2018/9/4

CADでプリント基板を作る
の情報を更新しました。

◎2018/5/8

安いプリント基板で出来ること
の情報を更新しました。

◎2018/3/5

安いプリント基板の注意点
の情報を更新しました。

◎2018/1/12

サイト公開しました

「基板 CAD 」
に関連するツイート
Twitter