安いプリント基板の注意点

安いプリント基板の注意点 最近はプリント基板をネット通販などでも制作を依頼することが可能となっており、格安のコストで納品してくれることも多いです。ただ安いプリント基板の注意点としては幾つか存在しますが、まずは品質の問題が発生することがあります。
例えば原材料のコストを抑制するための安価な材質を使い、本来の基板の性能を維持できず長期的な利用に耐えられないケースがあることです。他にも製造工場が納品時期などで都合がつかないケースも存在したり、高度なプリント基板を制作を依頼した場合には対応できないケースがあります。
他にも注意点としてはプリント基板の大敵は保管状況や輸送方法によって不良品が多く発生するケースが存在します。特に海外の工場で製造する場合、日本に送るまでの期間がかかることも多く、その間に静電気や湿気などで不良品となってしまうこともあります。
安い場合だと保管環境の整備や安全な輸送方法に経費をかけられないため、その分、不良品が生じやすい場合もあります。

安いプリント基板の活用方法

安いプリント基板の活用方法 安いプリント基板はコストを抑えることができるため、個人利用や企業の試作品の製作用に組み込むものとして適しています。個人ならそんなにお金をかけることができませんが、安いなら負担をすることもできるため活用に最適です。企業の場合は、製品として利用する場合にはそれなりにしっかりとしたものが必要ですが、試作品の場合はそこまでコストを抑える必要がないため、安くても問題ありません。むしろ安い方が余計な出費がいらない点でメリットも大きいです。
プリント基板は何を組み込むかで異なるものですし、何に使うのかによって何を組み込むかも変わってきます。そのため、ほぼオーダーメードに近いです。そこで、実際の費用は見積もりを出してもらってからでないとわかりません。政策をしてくれるメーカーには要望を伝えて見積もりを出してもらって、その中から安いところを見つけていくのが賢いです。設計ができない場合は設計の依頼も併せて行うことが可能です。

新着情報

◎2018/5/8

安いプリント基板で出来ること
の情報を更新しました。

◎2018/3/5

安いプリント基板の注意点
の情報を更新しました。

◎2018/1/12

サイト公開しました

「基板 問題 」
に関連するツイート
Twitter

No.013 ☆☆☆☆ 問題:プリント基板設計用のCAD/CAMシステムで国内シェアNo.1を誇る、ディープインパクト等数多くの名馬のオーナーとして知られる金子真人氏が代表取締役社長を務めている会社は?

Twitter HorseRacingQuiz 競馬クイズ集(bot)

返信 リツイート 16:32

ラズパイマガジン企画の音声操作リモコン基板「VoiceCAP」のソフトウエアがバージョンアップされました。昨日お伝えした、NOOBS2.8.1での問題を解消しています。詳しくはこちら → trendy.nikkeibp.co.jp/atcl/pcmedia/1… #fb

Twitter KazumaAndoh Kazuma Andoh

返信 リツイート1 14:19

ラズパイマガジン企画の音声操作リモコン基板「VoiceCAP」のソフトウエアがバージョンアップされました。昨日お伝えした、NOOBS2.8.1での問題を解消しています。詳しくはこちら → t.co/xEiHwY1ZSC">t.co/xEiHwY1ZSC 2018年6月号の訂正・補足 t.co/xEiHwY1ZSC">t.co/xEiHwY1ZSC

Facebook Nikkei Linux

14:19

ラズパイマガジン企画の音声操作リモコン基板「VoiceCAP」のソフトウエアがバージョンアップされました。昨日お伝えした、NOOBS2.8.1での問題を解消しています。詳しくはこちら → trendy.nikkeibp.co.jp/atcl/pcmedia/1…

Twitter nikkei_Linux 日経Linux | ラズパイマガジン

返信 リツイート1 14:19

RT @nariri1978: 問題無かった! あとはどうやって基板の信号拾えるかだな。 pic.twitter.com/ZmRKncr72f

それまでのシリーズは基板の容量の問題で技数が非常に少なかった(左)。特にジャンプ中はパンチボタン押しても全部キックだったんだよね😢 でもスーパーストⅡから一気に技が増えて、見た目もほんとにカッコよくなった(右)。 未だに継承されてる技も多いですよね。バスタークローがやっぱ好きだな。 pic.twitter.com/uQbXmNesEe

Twitter rc_186 ロッコ

返信 リツイート 4:17

...かかりますが、VRなら簡単にテスト用の空間を作れます。 システムはモーションキャプチャーシステムや画像レンダリングプログラムを用いており、同大学のドローンテスト施設向けに開発されました。ドローンには電子基板を搭載。VR環境のデータは、フレームレート90fpsでドローンに転送されます。公開された動画では、最大秒速6.7mでドローンが飛行しているということです。 同大学のブログ記事では次のように発表されています...

返信先:@Met_channel 基板故障は致命傷です。 スティックはアルプス製の部品が入手出来るので自分で修理しましたが基板となると手に負えません。 スティックに押込みボタンは機能付過ぎとも思います。 強度問題深刻ですね。

返信先:@momo_shin ありがとうございます。類似品を使ったことがあります。 Arduino unoで使うのは楽ですが、ユニバーサル基板で使えないという問題がありまして…Arduinoって一箇所ピンピッチがずれているので、Arduino用シールドも半ピッチずれてるんです(泣

問題無かった! あとはどうやって基板の信号拾えるかだな。 pic.twitter.com/ZmRKncr72f