プリント基板の基本的知識

プリント基板の基本的知識 プリント基板は家電製品などの内部に使用される部品の一種であり、各種電子部品を取り付けるベースとなっています。かつての家電製品では電子回路を構成する各種の部品を、ひとつひとつ手配線で取り付けていく手法が採用されていました。この方法には部品が故障した際に交換が容易になるという利点がありますが、一方で作業の手順が煩雑になり組み立てに知識や熟練した技術を要すること、さらに回路そのもののが大きくなり製品の小型化が難しいといった問題がありました。

プリント基板は絶縁体となる基盤の上に、印刷技術により回路のパターンを金属素材でプリントしたものとなっています。あらかじめ空けられた穴に部品をセットしてはんだ付けで固定することにより、コンパクトなスペースに電子回路を収めることが可能になります。組み立ては容易でさらに耐久性も高いため、近年における家電製品では内部構造にプリント基板を採用することが基本となっているのです。

電子機器には必ず入っている

電子機器には必ず入っている 昔の電気製品といえば今のものよりもかなり大きいものが多かったと感じている人はたくさん居られると思いますが、それを実現出来たのは、色々な要因があるものの、一番大きなことと言えば、プリント基板が登場したことでしょう。今の電気製品の中にはたいていこれが入っています。これが登場する前には、部品同士の電気的な接続にケーブルを配線しなければなりませんでした。それゆえに大きめにならざるを得なかったのです。プリント基板が登場してからはケーブル類のほとんどは基板上に埋め込まれるようになりました。ですから小型化が容易になったのです。今では電子機器と呼ばれるものにはすべてこれが入っています。プリント基板のいいところは小型化もそうなのですが、大量に生産することが出来ることもあります。基盤には樹脂製ものが使われるので作りやすく、またコストも抑えることが出来ます。また故障が発生してもこれを取り替えることだけで直ることもあります。

新着情報

◎2019/4/19

プリント基板の基本的知識
の情報を更新しました。

◎2019/1/11

基礎がしっかりとしたプリント基板
の情報を更新しました。

◎2018/9/4

CADでプリント基板を作る
の情報を更新しました。

◎2018/5/8

安いプリント基板で出来ること
の情報を更新しました。

◎2018/3/5

安いプリント基板の注意点
の情報を更新しました。

◎2018/1/12

サイト公開しました

「基板 知識 」
に関連するツイート
Twitter